カリキュラム

入社から1年目の流れ

入社~2カ月

多くの情報や人材に触れる機会を作り、早期成長の土台を作る。

  • ・経験のある先輩と同行して、実際に顧問先を訪問し、職場外での仕事の流れ・やり取りの現場感覚を学ぶ。
  • ・申告書作成業務、記帳代行業務をOJTにより学ぶ。
  • ・社内全体会議及び研修(各1回/月)、班会議(月2回)により税理士業務の理解を深め、新しい知識の習得や意見交換を行う。
3~6カ月

知識の定着を進めると共に、直に顧問先とやり取りすることで業務を実感し、社内の一員として成長する。

  • ・先輩の指導の下、顧問先の担当として業務を行い、不明な点は班会議や個別で指導を受け業務を進める。
  • ・業務についてのエッセンスを詰め込んだ社内トレーナー制度により、提案ができる知識を早期に習得・実践する。
7~9カ月

顧問先との交流を通して関係を強化、そして顧客のための提案力を磨き、サービス提供力を身に付ける。

  • ・顧問先との打ち合わせが複数回目になるため、社長の人柄に触れ、会社への理解を深める。
  • ・顧問先に応じた提案を自ら行い、成果を通しての顧客満足を直に感じることで自分の提案力と成長を確認する。
  • ・業務に慣れた頃のため、作業のスピードも上がっている。より多くの顧問先を担当する2年目を考慮し、効率を意識した業務により成長を加速させる。
  • ・面談等により次年度の希望収入などを確認し、目指すべき成長のステージを意識する。
10~12カ月

自分の成長を確かめると共に、次年度以降の足掛かりを作る。

  • ・1年間を通した業務一巡により業務の流れを理解することで、次年度からの負担を軽くし、大きな成長の礎を作る。
  • ・各時期のイベントとそれに応じた税へ触れる機会を通し、各税目とそれらの繋がりを理解し、提案力を向上させる。
  • ・次年度の希望収入に合わせた業務量へシフトし、自分の成長と収入を実感する。

新卒・未経験の方は、先輩指導の下の育成期間が長くなります。